日本を代表するきもの作家たち

至高の振袖コレクション

日本が誇る三人の匠とジョイフル恵利の出会いから生まれた、視玉の振袖コレクション。
現代の至宝と呼ぶにふさわしい美の極致を二十歳を彩る最高の装いとして是非お手元へ。
今だけしか手にすることのできない唯一無二の輝きを心ゆくまでお楽しみいただければ幸いです。

  • 北出与三郎
  • TOKIO et TOKI J
  • 千地泰弘
こちらの商品はお取り寄せ対応となります。
ご試着をご希望の方は事前に店舗までお問合わせください。

北出与三郎

1938年、京都生まれ。高校在籍中から「京都 油絵部門」にて多数入選、1955年染色工芸作家の父、北出与三郎に師事し共に創作にあたる。幾度となく染めを施して深みのある色合いを表現する「榊染め」や、柄が全て上向きで逆さにならない「一方付け」など独自の意匠美を発表。また1959年より皇室の御用を賜り、数々の御紋服を手掛けている。2002年、2代目与三郎襲名。

TOKIO et TOKI J

新しいブランド TOKIO et TOKI J には羽田登喜男 羽田登 羽田登喜 三名の作家のエッセンスが凝縮されています。女の子が初めて自分で選ぶ晴れ着として、現代どのようなシーンにも相応しい 美しいデザインと美しい色。 TOKIO et TOKI J のJはインクジェット友禅のJです。TOKIO et TOKI J 新しい展開にご注目ください。

千地泰弘

仏教画家を父に持ち、父と共にロサンゼルス西本願寺別院の大壁画を三年かけて製作し、帰国後、友禅の世界に魅せられ 着物の道を歩み始める。紅白歌合戦で話題の衣装を作る等、数多くの芸能人の衣装を手がける一方、ウィーンで着物展覧会をした際に、ウィーン市庁より芸術文化勲章を叙勲するなど、日本だけでなく世界で活躍する友禅作家として活動している。

※写真で使用している小物は参考商品です。

※一部お取り扱いのない店舗もございます。詳細は、店舗へお問い合わせください。