全国49店舗 レンタルから販売まで 振袖専門店
  • お問い合わせ
  • カタログ請求
  • 来店予約
全国49店舗 レンタルから販売まで 振袖専門店
  • お問い合わせ
  • カタログ請求
  • 来店予約

成人式の振袖を購入する時のポイント!レンタルと迷った時には?

振袖の選び方

成人式は、とっておきの晴れ姿を見せられる一生に一回のイベントです。せっかく振袖を着るならこだわりの一着を選びたい方も多いでしょう。しかし、最近では振袖のレンタルなど選択肢も増えており、振袖を購入するかどうか迷っている方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、

・成人式の振袖を買うメリットが知りたい
・振袖の値段相場が気になる
・振袖選びのポイントを押さえておきたい

といった方に向けて、振袖の購入を決める時に考えたいポイントについてご紹介しましょう。

振袖を購入するメリットが気になる!

成人式の振袖は、安い買い物ではありません。大きな買い物になるため、購入するか迷ってしまう方も多くいます。そんな方に向けて、振袖を購入する利点を挙げていきます。

自分の体型や好みに合わせられる

振袖をレンタルする場合は、様々な振袖の中から自分の好きな色や柄、サイズが合うものを選びます。あくまでレンタルであるため、自分の体型に合わせて仕立て直すことはできません。

その点、振袖を購入する場合は、オーダーメイドで新しく振袖を仕立てるケースがほとんどです。自分の体型を採寸して一から仕立てを行うため、自分のサイズにぴったり合った振袖を着られます。

サイズが体型にしっかり合っていると着た時に違和感がないため動きやすく、見た目も美しい着姿を演出できます。また、好みのデザインや柄もオーダーしやすく、自分の好みに合わせた振袖を仕立ててもらえます。

成人式後にも何度も着られる

一度購入すると、その後も振袖を好きな時に着られます。振袖は成人式に着るイメージが強いですが、基本的に独身女性であればいつでも着用できる着物です。

例えば友人の結婚式やパーティー、卒業式などフォーマルな場で振袖は活躍します。結婚式で独身最後の姿として振袖姿を披露する女性も多くいます。成人式以降も振袖を着る機会が何度かありそうだという場合には、買った方がレンタルよりもコストパフォーマンスが高く、お得になります。

将来にも振袖を引き継げる

振袖は高価ですがその分、長く着られることを前提とした良質な着物です。自分が将来結婚し、お嬢様が生まれたら母娘、あるいはその次の世代にわたり振袖を引き継げるのも貴重といえるでしょう。

ジョイフル恵利でプランを探す

振袖を購入するデメリットはある?

振袖を購入するにあたってデメリットはあるのでしょうか?振袖を購入する際の注意点についてご紹介するので、参考にしてみてください。

購入よりもレンタルの方が安い

振袖の購入値段相場とレンタル値段相場を比較すると、一度きりの着用であればレンタルの方が圧倒的に安いです。振袖を成人式以外の場で着る予定がない方にとって、一度きりのための購入はあまり得がないと感じられるでしょう。できるだけ出費を安く済ませたい方にも、購入よりレンタルが向いています。

長期的な保管やメンテナンスが必要

絹は天然繊維の中でもずば抜けたしなやかさを持ち、光沢が良く、保湿性、吸湿性にも優れています。その一方で縮みやすく、シミができやすいなどの短所もありますので、紫外線や湿度に影響されない保存袋を用意したり、一年に一度は風通しの良い場所で陰干ししたりといったメンテナンスが必要だったりします。

事前準備がレンタルより多め

振袖の購入は、レンタルよりも事前に行う準備の内容が多く、手間がかかるという面もあります。レンタルでは試着をして振袖を選んだ後は、当日に着用するまで特に準備は要りません。

しかし、購入する場合は一から反物を仕立てるため、振袖が仕立て上がるまでにも2~3ヶ月の期間がかかります。また、成人式が近づくにつれ専門店も込み合うので、長いと4ヶ月以上仕立てにかかってしまう場合もあります。

成人式まで半年~1年以上余裕を持って準備ができる人は、購入に向いていると言えます。逆に、成人式が近づいてきて着物を仕立てる期間があまりない場合は、レンタルはおすすめです。

振袖を購入する時の気になる値段相場は?

振袖を購入する時は、値段も大きなポイントとなります。購入とレンタルそれぞれの値段相場を見ていきましょう。

15~30万円程度が相場

振袖の購入は、30万円前後程度が相場になります。ただし、選ぶ振袖によっても大きく金額は変わってきます。また、実際に成人式で着る時に行う着付けが別料金になっている場合もあるので、しっかりと確認が必要です。また、購入後のクリーニング代なども維持費に含まれます。

レンタルなら10万前後なので安い

レンタルする場合の値段相場は10万円前後です。その後も何回か振袖を着る機会がある場合、レンタルでも3回以上利用すると購入した方が安いということも考慮しましょう。

小物は振袖とセットになっている場合も多い

振袖を着る際には、バッグや草履、アクセサリーなど和装の小物も合わせて身に付けます。最近では振袖とセットで販売・レンタルされているケースも多くありますが、こだわりたい人は小物にもそれぞれアップグレード料金がかかります。

成人式の振袖を購入するときのポイントまとめ

成人式の振袖を購入する利点は、長く着られて引き継ぐことができる、自分のサイズや好みに合わせたオーダーメイドの振袖が着られるなど様々な点が挙げられます。成人式のために振袖を購入するかどうかは、成人式後も振袖を何度も着る機会がありそうか、姉妹で着られそうか、保管・メンテナンスが可能か、予算はどのくらいかなどのポイントを意識した上で考えると良いでしょう。

ジョイフル恵利では、レンタルから購入まで様々なプランがあり、振袖のデザインやカラー、サイズも豊富に取り揃えています。自分の好みにぴったり合った振袖を着て、一生の思い出に残る素敵な成人式をお過ごしください。

ジョイフル恵利でプランを探す

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。