全国49店舗 レンタルから販売まで 振袖専門店
  • お問い合わせ
  • カタログ請求
  • 来店予約
全国49店舗 レンタルから販売まで 振袖専門店
  • お問い合わせ
  • カタログ請求
  • 来店予約

成人式の晴れ着は色でイメージが変わる!似合う振袖の選び方とは?

振袖の選び方

成人式に何色の振袖を着るかは、一生に一度の晴れ着だからこそ迷うポイントです。振袖の色は似合う色を選べば個性が際立ち、華やかで晴れやかな雰囲気になります。

大切な成人式の振袖だからこそ、しっかりと似合う色を選びたいですね。

成人式の振袖はパーソナルカラー別に選び方がある

成人式の振袖選びにパーソナルカラーも参考にするのもおすすめです。肌や瞳、顔の色によってパーソナルカラーは4種類あるので、それぞれのタイプごとの似合う色をチェックしてみましょう。まずは、自分のパーソナルカラーを調べてみましょう。

スプリングタイプ

透明感があり、ツヤのある茶色の髪、澄んだ瞳の明るく華やかなタイプです。色相のバリエーションは幅が広く、明るい色、鮮やかな色が似合います。イエロー、イエローグリーン、ベージュ、コーラルピンク、オレンジなどが得意なカラーになります。

サマータイプ

瞳は柔らかい黒で、髪色は濃い茶色、日焼けをすると赤くなりやすい人はサマータイプです。水色、ラベンダー、明るいネイビー、オフホワイト、ベビーピンクなど、淡いパステルカラーや優しい色合いが似合います。上品でさわやかな、フェミニンなイメージの色がおすすめです。

オータムタイプ

瞳は深みのある緑色系、オークル系の肌のオータムタイプはイエローベースの色が似合います。落ち着いたアースカラーやナチュラルで深みのある色が良いでしょう。深みのある朱赤、抹茶色やカラシ色など秋の彩りをイメージした暖かな色がおすすめです。

ウィンタータイプ

瞳の色は黒、髪はブルーブラック系、はっきりとした顔立ちのタイプです。ブルーベース、モノトーンなどの無彩色、ビビッドな色など強くてハードなイメージが似合います。強いコントラスト配色でアクセントをつけて、クールでシャープなイメージで色を選んでみてください。

ジョイフル恵利の豊富な振袖カタログはコチラ!

体型によっても違う!自分に合う振袖色の選び方

似合う色の振袖を選ぶと、コンプレックスを感じていたはずの体型が魅力に変わります。パーソナルカラーも参考にしつつ自分の魅力を最大限に引き出す色選びで、成人式の振袖に出会ってみましょう。

背が高くスラッとしている

背が高い人は一般的に濃いめの色が似合う傾向があります。また、大胆な柄や大きな柄が入っている振袖を選んでみてください。振袖の地色が淡い場合でも、柄が大胆なら華やかに着こなせます。

小柄でかわいらしい

小柄な人はかわいらしい印象を活かした淡く優しい色合いの振袖を選ぶのがおすすめです。明るい色や優しい色の振袖は、小柄な人が着ると華やかで映えますので試してみてください。

スリム体型

スリム体型の人は、膨張色の白や淡いピンクもすっきりと着こなせるでしょう。濃い色も淡い色も似合うので何でも挑戦してみてください。

マシュマロ体型

収縮効果がある濃紺や深緑、黒などの振袖を選んでみてください。可憐に着こなしたいなら、柄の小さい振袖が良いでしょう。ツートンカラーの帯もおすすめです。

成人式の振袖こそ、色にこだわる選び方もおすすめ

もちろん、自分に似合いそうな色から成人式の振袖を選ぶ方法以外にも、振袖の選び方はあります。たくさんの色や柄が揃っている振袖だからこそ、本当に似合う振袖に出会えるように様々な視点から選んでみてください。運命の振袖に出会うための色選びについて、おすすめの方法をご紹介します。

なりたいイメージで色を選ぶ

成人式を祝う振袖は、こんな女性になりたいというイメージで色を選ぶのもおすすめです。清楚な女性を目指すなら白やクリーム・明るいベージュなど、知的な女性のイメージなら紺色や赤紫・深緑など試着で色々試してください。

キュートな女性になりたいならパステルカラー、クールな女性になりたいなら黒や青・緑などの寒色系といった選び方もできます。その他、赤い色は正統派、橙色は元気系、神秘的な紫、格調高い黒といった色そのもののイメージから選ぶ方法もあります。

振袖の流行色から選ぶ

成人式の振袖は流行色から選んでも良いでしょう。レトロ感が魅力の紺が流行した年もあれば、深緑や抹茶色などのグリーン系の振袖が流行した年もあります。

同じ赤でも、ゴールド系と合わせて古典的なコーディネートが流行した年もあれば、カラシ色や抹茶色を組み合わせてレトロ風に仕上げるスタイルが流行した年もありました。その年によってトレンドが変わるので、成人式の振袖は流行色をリサーチして選ぶとオシャレ感がアップします。

成人式で友達と振袖の色が被るのを避けたいなら

定番カラーや流行色を選ぶと友達と被ってしまうかもと不安なら、被りにくい色から選んでみましょう。パステル系の水色や甘いピンクなどの振袖は、意外と選ぶ人が少なくおすすめです。

反対に、キリっとした印象の黒や紫の振袖も、友達と被りにくい色かも知れません。
色だけでなく、柄や全体の雰囲気などで見た目の印象も大きく変わるので、色被りをそこまで気にすることもなく安心して好きな振袖を選んでください。

ジョイフル恵利の豊富な振袖カタログはコチラ!

成人式で着たい色なのに、顔映りが気になる場合は?

振袖は洋服よりも色から受けるイメージが強いので、顔映りが良い似合う色を選ぶのがベストですが、一生に一度の成人式だからこそ、自分の好きな色の振袖を着て祝いたいと思う人も多いでしょう。

もしも、着たい色の振袖がしっくりこない場合は、次の修正テクニックを活用するとバランス良く着こなせるのでおすすめです。

伊達衿や半衿で修正

肌や髪、瞳の色と振袖の色が調和していない場合は、半襟や伊達衿に似合う色を活用しましょう。着物と顔周りの間に似合う色が入ると印象が変わります。

例えば、少し寂しく見えるなと思ったら伊達衿にオレンジを入れると華やかな印象に修正可能です。肌色がピンク系の人が黄色い振袖を着たいなら、伊達衿にローズ系カラーを取り入れても良いかも知れません。実際に顔映りを確認しながら、伊達衿や半襟の色を選ぶと振袖を素敵に着こなせます。

帯や小物で取り入れる

成人式の振袖は、顔周りはもちろん全体の色を効果的にコーディネートすることでさらに素敵になります。帯や小物は顔周りからは離れているからこそ、ポイント使いとして好きな色を上手に活用できる部分です。

例えば、帯締めにアクセントカラーを持ってくるのも手です。肌の色に合う帯を使うなども良いでしょう。類似している色なら優しい印象に、対比している色なら凛とした雰囲気を演出できます。

成人式の振袖選びは全体の色バランスを考えて、和装ならではのコーディネートが楽しめます。洋服とは違った日本の伝統文化の色合わせを味わいながら、晴れの日の振袖を自分色で演出してみましょう。

成人式の振袖選び方のポイントまとめ

似合う色や色の組み合わせなど、振袖の色を上手に選ぶポイントはたくさんあるので、初めての振袖選びで迷ってしまう人も多いでしょう。

また、同じ色でも色のトーンや生地の織り、柄の入り方などで振袖の印象は変わるので、着たい色が決まっている場合は、同じカラーからデザインが違うものをたくさん試着してみてください。から選ぶ方が運命の振袖に出会える確率は高くなります。もし、振袖の色選びで迷った場合は、振袖のプロがいる専門店に相談してみてください。

ジョイフル恵利には、新作も含め成人式に着たい魅力的な振袖が豊富に揃っています。ぜひ、一生に一度の成人式の晴れ着選びはジョイフル恵利にお任せください。プロの視点から大切な成人式のための振袖選びを、心を込めてサポートさせていただきます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。