成人式に着る振袖の柄には意味がある!柄の種類・意味と選び方を解説

成人式の振袖の準備

成人式の振袖には様々な種類があり、どれにしようか迷ってしまいますよね。実は、一つひとつの柄にはそれぞれ意味があります。もし振袖選びで迷っているなら、柄の意味やデザインから選んでみてはいかがでしょうか?

今回の記事では、

・振袖にあしらわれる柄の種類
・成人式にもおすすめのおめでたい文様
・人気の高い柄が持つ意味

についてご紹介していきます。柄の種類や意味について知りたい、振袖選びに迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

振袖にあしらわれる柄の種類

振袖は、成人式や結婚式などのお祝い事などにふさわしい未婚女性の第一礼装になります。そして、あしらわれる柄は長寿、繁栄、平和、無限など意味合いを成す縁起の良いモチーフが用いられます。

そんな振袖の柄域にも大きく3種類に分けることができます。まずは3種類の柄域の特徴を紹介していきましょう。

古典柄

成人式に着る振袖の中でも、伝統的でオーソドックスな柄は「古典柄」と言われています。例えば桜や梅、牡丹、扇、藤、熨斗等々、昔から振袖に使われている柄や文様を指し華やかな印象で、時代に左右されない雰囲気が古典柄の大きな魅力です。

新古典柄

新古典柄と呼ばれるものは、伝統的でオーソドックスな柄や文様を用いながらも、幾何学的な地色の染め分けや、色使い、洋柄との組み合わせなど古典的雰囲気を少し流行的な要素に振った柄域を総称して「新古典柄」と呼んでいます。

モダン柄

モダン柄は古典的要素を大きく排除して、バラや蘭、蝶などの洋柄モチーフをメインに添え、またハートやチェック、市松、ストライプ…といったデザイン的に自由度の高い柄・モチーフを用いるのが特徴です。

個性的なにおいがする振袖になりますので、髪型やメイクなど普段の延長線上で自由度が増すためオリジナリティーを出したい方にはおすすめです。

ジョイフル恵利の豊富な振袖カタログはコチラ!

おめでたい成人式にピッタリ!吉祥文様と有職文様

メインに添えられる柄以外にも日本には古くから吉祥文様・有職文様と呼ばれる伝統的な文様があります。続いては、おめでたい成人式にも最適な吉祥文様と有職文様の特徴をご紹介しましょう。

吉祥文様とは

日本では古くから、着物や工芸品に様々な文様があしらわれてきました。吉祥文様は、その中でもとりわけ縁起が良いものとされています。文様ははじめ大陸から伝わってきたため、その図案も龍や鳳凰、松竹梅、四君子といった中国の文化を色濃く残していました。

しかし、平安時代になると遣唐使が廃止され、それにつれて、橘(たちばな)や藤、扇(おうぎ)、熨斗(のし)などの日本らしい図案が、貴族の間で有職文様として定着します。

やがて鎌倉時代になると武家に、江戸時代になると庶民にも多く用いられるようになり、様々な図柄が発案されていきました。その中で吉祥文様は、繁栄や長寿を表すものとして、様々なお祝い事の品物や日用品に広まっていったのです。

代表的な吉祥文様をご紹介いたします。
●「麻の葉」:魔よけの吉祥文様
●「紗綾形」:家の繁栄や長寿を願う不断長久の吉祥文様
●「入り子菱」:子孫繁栄や五穀豊穣の願いを込めた吉祥文様
●「青海波」:未来永劫の平安を祈る吉祥文様
●「亀甲」:長寿の象徴
●「七宝」:円満や繁栄をあらわした吉祥文様

有職文様とは

有職文様とは、平安貴族の衣装(束帯、十二単)や調度品などの装飾に用いられた優美な織り文様のことをいいます。その由来から雅でおめでたい柄として、現代でも礼装用の着物に多く用いられています。

有職とは、平安時代の宮中の儀式や行事に関する研究者や学者を有識者とよび、その有識者たちが着用していた衣服の模様が有職模様であったことから、こうよばれます。有職文様には、鳳凰(ほうおう)紋、雲鶴(うんかく)紋、立湧(たてわく)紋、菱(ひし)紋などがあり、格調高い文様として着物や帯などに用いられています。

立涌は有職文様の代表的な柄ですが、この立涌の膨らんだ部分に瑞雲を配置したものは雲立涌、波は波立涌、藤は藤立涌といい、として用いられ、能装束にも取り入れられました.

代表的な有職文様をご紹介いたします。
●「立涌」:水蒸気が立ち上がる様子をデザイン化したと言われ、運気を上げる文様とされます。
●「七宝」:七宝の形は丸いことから円満を象徴するおめでたい柄で、宝尽くしを構成する柄の1つにもなっています。

人気の柄が持つ意味とは?

振袖によく用いられるのは主に縁起の良い意味合いのあるモチーフです。そこには古から伝えられている深い意味合いが存在します。いくつかご紹介しましょう!

「桜」には豊かさや門出という意味がありますので、成人式にはピッタリな柄です。

手毬

手毬はその丸さから、子どもが健やかに育ち、何事もトラブルなく人生が順調に行くようにと願いが込められています。また、「女性らしさ」を象徴する柄でもあり、手毬柄がデザインに含まれることで可愛らしさがアップします。

小花

牡丹やバラのように大きな花ではなく、色んな小花が散りばめられている振袖は柔らかい印象になります。そんな小花には、たくさんの花が咲き誇る様子から繁栄するようにという願いが込められています。

蝶には羽ばたいた時の可憐な姿から、女性らしい美しさの意味を持っています。幼虫からどんどん成長し、大人になって羽ばたく姿はまさに大人になったことを祝う成人式にピッタリな柄です。

また、「ちょう」という読み方は「長寿」を連想でき、いつまでも健康で長生きできるようにという意味も込められています。

扇は、繁栄や開運の意味を持つ柄です。そもそも扇は末広がりになっていることから、金運的にも良い柄とされています。また、風を仰ぐ様子が悪いものを遠ざけ、福を招くとも言われていることから、扇は非常に縁起が良い柄と言えるでしょう。

御所車

御所車とは、平安時代に貴族が使っていた乗り物で、王朝文化を象徴する柄として親しまれてきました。そのため、高貴さや雅さの意味を持っています。

御所車に花が飾られている「花車」になると華やかな印象になり、幸せが溢れるという意味に変化します。

バラ

モダン柄の代表格であるバラは、色によって意味合いが異なります。

・赤いバラ…愛情
・白いバラ…純潔
・ピンクのバラ…おしとやか、上品
・黄色いバラ…友情
・青いバラ…夢がかなう、奇跡

振袖でよく用いられているのは赤・白・ピンクの3種類です。同じバラでも意味の違いから振袖の柄を選んでみましょう。

ジョイフル恵利の豊富な振袖カタログはコチラ!どんな体型のお嬢様にも対応します!

まとめ

今回は成人式に着る振袖の柄の意味についてご紹介してきました。柄と言っても様々な種類があり、選ぶ時はどの柄も素敵で悩んでしまうことでしょう。

しかし、柄の意味や種類を知っていると成人式にピッタリな振袖が選びやすくなります。ぜひ今回の記事を参考にしながら、振袖を選んでみてはいかがでしょうか?

振袖専門店のジョイフル恵利では、古典柄・新古典柄・モダン柄など、数多くの柄や色の振袖を取り揃えています。店舗ではスタッフが振袖選びのアドバイスも行っているため、振袖選びに悩んでいる方は、ぜひジョイフル恵利をご利用ください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。